HOME >> 予告編集

アンデルセン物語 (東映)

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 東映 1968年3月19日公開 東映こどもまつり
 東映動画 80分

 厚生大臣児童文化大賞
 文部省青少年映画賞
 文部省選定

 こちらは東映まんがまつりで(当時は『東映こどもまつり』)公開された、東映動画制作の『アンデルセン物語』です。
 同時上映は、『アラビアンナイト・シンドバットの冒険』と『怪獣王子』だったようです。

 かなり本格的な、ミュージカル仕立てのアニメ作品。
 アンデルセンの代表作4本をダイジェストしながら、少年ハンスが、世界の童話王アンデルセンになるまでをつづっています。
 …高校生くらいの時分にTV放映されたのを見た記憶がありますけど、もしかしたら記憶違いかもしれません。

 メイン声優は高島忠夫さん、藤田淑子さんです。


製作:大川博
企画:関政次郎、茂呂清一、有賀健
演出:矢吹公郎
演出助手:及部保雄、佐々木勝利
脚本:井上ひさし、山元譲久
音楽:宇野誠一郎
主題歌 作詞:井上ひさし、山元譲久
     作曲:宇野誠一郎
     歌:高島忠夫、藤田淑子、鈴木やすし、久里千春、ボーカルショップ
美術:小山礼司
作画監督:大工原章
背景:小林七郎、池田準、西山英子
特殊効果:林富喜江
製作進行:古沢義治
現像:東映化学工業株式会社

2007 07 12 | この記事へのリンク | トラックバック (0)



ゴジラ (予告編)

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 東宝 1954年11月3日公開 97分 モノクロ作品

 ゴジラシリーズの第1作目です。
 1954年3月1日にビキニ島の核実験によっておきた第五福竜丸事件をきっかけに製作されたことは有名で、ゴジラは人間に対する脅威であると同時に「核の落とし子」「人間が生み出した恐怖の象徴」として描かれています。
 また制作・公開当時は昭和29年…終戦から10年経っておらず、ゴジラが破壊しつくしたあとの描写は真に迫るものがあります。
 母子が「(天国の)お父ちゃまのところへ行きましょうね」と抱きあいながら嘆くシーンなどは、とてもショッキングでした。

 おおむねゴジラを見上げるアングルが多く、炎に照らされて闇に浮かぶゴジラの黒い姿が、今も恐怖の権化として記憶の奥底に眠っています。
 怪獣映画は、恐怖映画であり、また痛烈な風刺映画であることを実感させてくれます。
 見たことがない方は、是非とも見て欲しい作品です。

 この時代、まだ自衛隊は存在していず、前身の『警察予備隊』が協力しています。

製作:田中友幸
監督:本多猪四郎
原作:香山滋
脚本:村田武雄・本多猪四郎
音楽:伊福部昭
特殊技術:円谷英二・渡辺明・向山宏・岸田九一郎
賛助:海上保安庁

2007 07 11 | この記事へのリンク | トラックバック (0)