HOME >> 予告編集 >>   特撮映画

ゴジラ (予告編)

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 東宝 1954年11月3日公開 97分 モノクロ作品

 ゴジラシリーズの第1作目です。
 1954年3月1日にビキニ島の核実験によっておきた第五福竜丸事件をきっかけに製作されたことは有名で、ゴジラは人間に対する脅威であると同時に「核の落とし子」「人間が生み出した恐怖の象徴」として描かれています。
 また制作・公開当時は昭和29年…終戦から10年経っておらず、ゴジラが破壊しつくしたあとの描写は真に迫るものがあります。
 母子が「(天国の)お父ちゃまのところへ行きましょうね」と抱きあいながら嘆くシーンなどは、とてもショッキングでした。

 おおむねゴジラを見上げるアングルが多く、炎に照らされて闇に浮かぶゴジラの黒い姿が、今も恐怖の権化として記憶の奥底に眠っています。
 怪獣映画は、恐怖映画であり、また痛烈な風刺映画であることを実感させてくれます。
 見たことがない方は、是非とも見て欲しい作品です。

 この時代、まだ自衛隊は存在していず、前身の『警察予備隊』が協力しています。

製作:田中友幸
監督:本多猪四郎
原作:香山滋
脚本:村田武雄・本多猪四郎
音楽:伊福部昭
特殊技術:円谷英二・渡辺明・向山宏・岸田九一郎
賛助:海上保安庁

2007 07 11 | この記事へのリンク | トラックバック (0)



 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 大映 1969年3月21日公開 82分

 昭和ガメラの第5作目。同時上映は『東海道お化け道中』でした。
 たぶんギロチンが語源であろうギロン登場です。銀色の宇宙ギャオスも登場しました(笑)
 前年にメキシコオリンピックが開催された関係か、ガメラの鉄棒大車輪なそ、ウルトラG技が続出する怪獣オリンピックと予告で銘打たれるほどのアクション娯楽映画になっていて、すでに怪獣映画とは呼べないモノになっています(涙)

監督:湯浅憲明
製作:永田秀雅
企画:仲野和正
脚本:高橋二三
音楽:菊池俊輔

2007 07 11 | この記事へのリンク | トラックバック (0)