HOME >> オープニング・エンディング集 >>   TV番組(ドラマ以外)

日曜洋画劇場

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 テレビ朝日 1967年4月9日〜

 前身は『土曜洋画劇場』(1966年10月1日〜1967年4月1日)で、主に外国映画(洋画)を放映する映画番組です。
 『日曜洋画劇場』の解説者といえば、やはり淀川長治さんをおいて他にはないでしょう。『土曜洋画劇場』の放映開始から1998年11月15日放送の「ラストマン・スタンディング」までの実に32年間、解説をされていました。
 淀川さんはこの「ラストマン・スタンディング」の解説を収録した翌日に現役のまま98歳でご逝去されました。
 番組の最後の言葉 「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」…は、以前は回数が決まってず、それが当時の子供たちの間で「何回言うか?」が賭けとして流行ったことがあったそうです。それを耳にした淀川さんは『子供が賭け事をするのは良くない」と、「サヨナラ」の回数を3回に決め、以後最後の解説までそれを続けられた…というのは有名なエピソードの一つとして伝えられています。
 アメリカの俳優シュワルツェネッガー氏の日本での愛称「シュワちゃん」の命名は淀川さんです。

 『怖いですねえ、恐ろしいですねえ。』や繰り返される独特な言い回しが大好きで、淀川さんの解説を見るために『日曜洋画劇場』を見ていたと言っても過言ではありません。
 僕の中で、淀川さんを越える映画解説者は、この先も出ないような気がします。

オープニング:(2代目)万華鏡 1969年10月〜1984年9月
 ※エンディングテーマは『So in Love』(ミュージカル「キス・ミー・ケイト」の挿入曲)

http://jp.youtube.com/watch?v=BJFrVpsTqUE


オマケ1:『OK牧場の決闘』解説

http://jp.youtube.com/watch?v=7qUdnzRLUlU


オマケ2 ; 日曜洋画劇場 淀川長治氏 最後の解説
 1998年11月15日 放送

http://jp.youtube.com/watch?v=rG172AJWVQY

 今ネットをさまよっていましたら、日曜洋画劇場 40周年記念 淀川長治の名画解説というDVDが出ているというのを知りまして、うっかり衝動買いしてしまいました(笑)
 …今から届くのがとても楽しみです。
 レンタルで充分って方は、こちらからどうぞ。

2008 01 14 | この記事へのリンク | トラックバック (0)



すばらしい世界旅行

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 日本テレビ 1966年10月9日〜1990年9月16日
 日本テレビ/日本映像記録センター 放映回数1010回

 正式名称は、『日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行』
 主に欧米以外の、世界の国々や民族の文化、風習、宗教、儀式などを紹介する紀行番組です。
 文化人類学上の観点から見ても、とても評価の高い番組で、昨今の表面だけをおもしろおかしく紹介している番組とは一線を画しています。
 この頃は民放でも教養性の高い番組が多かったですね。…なんとなく最近あまりTVを見なくなってきた理由が分かったような気がします。

 ナレーターは久米明さん。オープニング・エンディングテーマを作曲したのは山本直純さんです。
 また「この〜木なんの木…」で有名な日立の木のTVCMは、この番組から放映されました。…あの木はハワイのオアフ島に現存する木で、自分の貧弱なコンパチ・デジカメで全体を撮ろうとして、木から100mくらい離れないと撮れなかったほどの巨大な木です。大きさ対比に木と一緒に撮った友人は、出来上がった写真を見るとアリん子のようでした(苦笑)

 30分番組ながら内容がとても濃く、毎回TVにかじりついて見ていた番組でした。

オープニング

http://jp.youtube.com/watch?v=QqtcOMZDP1Y

エンディング

http://jp.youtube.com/watch?v=n9awgoCiCcU

2008 01 13 | この記事へのリンク | トラックバック (0)