HOME >> オープニング・エンディング集 >>   特撮

太陽戦隊サンバルカン

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 テレビ朝日系 1981年(昭和56年)2月7日-1982年(昭和57年)1月30日
 東映 全50話


 東映の『スーパー戦隊シリーズ』の第5作で、『バトルフィーバーJ』以来続いたマーベル・コミック・グループ提携による最後の作品です。
 スーパー戦隊シリーズ唯一のの男性3人メンバーで、当時は女性メンバー復活の声が高かったことから、次シリーズの『大戦隊ゴーグルファイブ』では女性メンバーが復活して以降、男性のみの戦隊シリーズが制作されることはありませんでした。

 その他の特徴として、
 ・シリーズ中唯一、リーダー格のレッドの交代。
 ・前作『デンジマン』と『サンバルカン』の世界は繋がっている
  (シリーズ唯一の続編)
 ・「銀河連邦警察」の存在(メタルヒーロー『宇宙刑事ギャバン』への伏線)
 ・シリーズ初・合体メカ
 ・シリーズ初・剣を持つ主役ロボ

などがありまして、いろんな意味で実験的要素が高かった作品だと言えるでしょう。

 オープニングテーマ『太陽戦隊サンバルカン』 は、パロディ作品 愛國戰隊大日本(83年日本SF大会にて上映)の原型になったことでも有名です。


オープニング 『太陽戦隊サンバルカン』
 作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 歌:串田アキラ、こおろぎ'73


エンディング・1 『心はプラズマ』
 作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 歌:串田アキラ、こおろぎ'73


エンディング・2 『1たす2たすサンバルカン』
 作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 歌:串田アキラ、コロムビアゆりかご会


原作:八手三郎
連載:テレビマガジン、てれびくん、テレビランド、冒険王
脚本:上原正三、曽田博久、高久進、酒井あきよし、松下幹夫、筒井ともみ
音楽:渡辺宙明
特撮監督:矢島信男
撮影:石橋英敏、加藤弘章、高岩震
助監督:加島忠義、小中肇、坂本太郎、三ツ村鐵治
車輌制作:十和モータース
オートバイ協力:鈴木自動車
車輌協力:無限オートセルス
撮影協力:群馬サファリワールド
アクション監督:山岡淳二、横山稔
プロデューサー:碓氷夕焼(テレビ朝日)、吉川進、鈴木武幸(東映)
監督:竹本弘一、小林義明、服部和史、東條昭平、平山公夫、奥中惇夫、
    加島昭、山田稔
製作:テレビ朝日、東映、東映エージェンシー   

2007 06 26 | この記事へのリンク | トラックバック (0)



快獣ブースカ

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 日本テレビ系 1966年11月9日-1967年9月27日
 円谷プロ・東宝 全47話 モノクロ作品

 怪獣ではなく「快獣」です(笑)
 発明好きの少年 屯田大作くんが、ペットのイグアナである「ブースカ」をゴジラのような怪獣にしようと自作の栄養剤「クロパラ」をあたえたら、ゴジラのような怪獣にはならず、ユーモラスな快獣になって…。…というお話です。
 というわけで、ブースカはそのユーモラスな容姿からは想像できませんが、イグアナ怪獣(快獣)なのです(笑)
 大好物はラーメン。かるく30杯はぺろりと平らげる、大食漢です。

 ブースカのセリフ「バラサ、バラサ」「シオシオのパー」は当時の子供達の間でブースカ語として流行になりました。

監修:円谷英二
プロデューサー:守田康司、永井陽三(日本テレビ)、岡田晋吉(クレジットなし)
企画:市川利明
監督:竹前重吉、満田かずほ、鈴木俊継、木俣和夫、川崎徹広、野長瀬三摩地
助監督:松生秀二
脚本:山田正弘、藤川桂介、関沢新一、他
特殊技術:的場徹、大木淳、有川貞昌
撮影:田島文雄、佐川和夫、森喜弘
照明:小林哲也、佐藤幸次郎
美術:高山彦三郎、岩崎致躬、深田達郎
編集:兼子玲子
光学撮影:中野稔
助監督:大平隆、東條昭平
録音:キヌタ・ラボラトリー、アオイ・スタジオ
音楽:宮内国郎
製作:日本テレビ、円谷プロダクション、東宝株式会社

2007 06 12 | この記事へのリンク | トラックバック (0)