HOME >> オープニング・エンディング集 >>   アニメ

ジャングル黒べえ

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 NETテレビ(現 テレビ朝日)系 1973年3月2日-9月28日
 東京ムービー 全31回(全61話…第25回のみA・Bパート連続)

 キャラクターのデザインや設定が、黒人差別にあたる(のではないか?)ということで、現在は放送やDVD等での再販が自粛されている作品です。…非常に好きな番組だったんてで、とても残念なことです。
 そのあたりの是非を問い始めると、ここでは書けないくらいに膨大な内容になるし、このサイトの趣旨とも外れてしまうのでご勘弁を。
 あぁ、一言だけ言わせてもらえば、時代的な背景や作品の内容を見ずに、キャラクターの外見だけで差別だ差別だと騒ぎ立てて自粛に追い込むのはどうかなぁと思いますです。はい。

オープニング 『ジャングル黒べえの歌』

エンディング 『ウラウラ タムタム ベッカンコ』

原作:藤子不二雄
企画・プロデューサー:楠部三吉郎、引野芳照、石井照子
作画監督:椛島義夫、北原健雄、杉野昭夫
美術:福田尚朗、龍池昇、小林七郎
撮影監督:三沢勝治
音楽:三沢郷
録音監督:千葉耕市
演出:出崎統
制作協力:Aプロダクション、映音、東京アニメーションフィルム、東京現像所
制作:東京ムービー、毎日放送

2007 11 03 | この記事へのリンク | トラックバック (0)



ゼンダマン

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気ブログランキング  にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 フジテレビ系 1979年2月3日〜1980年1月26日
 タツノコプロ 全52話

 『タイムボカンシリーズ』の第3作目です。

 ゼンダマンZをシルエットで表わすという表現方法にシビレ(死語)ました(笑)
 ちょうどSLにはまっていた時期でもあったので、ゼンダライオンが好きでしたね。…たぶんヤッターワンと雰囲気が似ていたことも理由の一つかと(苦笑)
 ゼンダライオンのトボけた歌声も好きでした。

 キャラクターのコスチュームは、珍しく善玉のほうが好きでしたね。
 悪玉トリオの方はと言えば、搭乗メカにオプションでくっついている無駄な小ネタ系メカ(おだてブタやコーラスガラス、オシイ星人など)が、毎週どれが出てくるんだろうとワクワクしていました。

オープニング 『ゼンダマンの歌』
  作詞・作曲:山本正之 編曲:神保正明 歌:藤井健


エンディング 『これまたアクダマン』
  作詞・作曲:山本正之 編曲:神保正明 歌:山本まさゆき


製作:吉田健二
原作:タツノコプロ企画室
企画:九里一平、鳥海尽三、柳川茂、酒井あきよし
音楽:神保正明(現:神保雅彰)、山本正之
担当ディレクター:原征太郎(前半)、大貫信夫(後半)
文芸担当:小山高男(後半)
プロデューサー:永井昌嗣、横尾潔
キャラクターデザイン:天野嘉孝
メカニックデザイン:大河原邦男
美術デザイン:多田喜久子
担当:別所孝治、田島潔(フジテレビ)、内間稔、大野実(読売広告社)
総監督:笹川ひろし
オープニングアニメ:田中亨
制作担当:松本堯一、岡嶋雄二、加藤長輝
脚本:山本優、佐藤和男、小山高男、海老沼三郎、酒井あきよし、
  筒井ともみ、佑木仁
演出:笹川ひろし、大貫信夫、押井守、岩田弘、湯山邦彦、真砂智康、
  八尋旭、高垣幸蔵、棚橋一徳、長谷川康雄、案納正美、小島多美子、
  永樹凡人、関田修、鈴川元昭、鴫野彰
サブキャラクターデザイン(EDでは「キャラクター」表記):下元明子、
  西城隆詞、中森恵子、吉田すずか
作画監督:芦田豊雄、平山則雄、海老沢幸男、鈴木英二、田中保、
  魚取弘、渡瀬健太郎、西城隆詞、笹木寿子、林政行、加藤章子、
  上条修、窪秀巳
キャラクター:下元明子、西城隆詞、中森恵子、吉田すずか
美術担当:岡田和夫
背景:アドコスモ、スタジオSF、マスコット、エリプロダクション
色指定:杉崎容子、中田節子、向井稔、赤嶺順子、北村喜久子、
  二階堂進、鈴川元昭、北島京子、伊藤政美
撮影:アニメフレンド、緒方プロダクション、ACCプロダクション、
  ティ・ニシムラ、天平フィルム、ダンクファイブ
特殊効果:朝沼貴良、村上正博、山本公、阿部郷
編集:谷川幸男、津留洋子、森田清次、西出栄子、木田伴子
進行:岡島雄二、新井正彦、谷田部勝義、杉本勝男、田代正美、
  沢井裕子、下地志直、八田清造、池上和彦、森本一雄、
  今堀一雄、栗原健治、佐々木利勝、阿佐美敦
録音制作:ザックプロモーション
録音ディレクター:鳥海俊材
効果:加藤昭二
録音:高橋久義
現像:東京現像所
制作担当:松本堯一、岡嶋雄二、加藤長輝
制作協力:アニメフレンド、アニメルーム、葦プロダクション、
  アド・コスモ、スタジオナイト、タマプロダクション
制作:フジテレビ、タツノコプロ

2007 10 31 | この記事へのリンク | トラックバック (0)